宿選びのポイント! > 失敗しない宿選び > 大通りに面している宿のデメリット

大通りに面している宿のデメリット

大通りに面している宿は、お店も多く交通の面も良いので、便利に感じてしまいますが、実は騒音が意外とすることがあります。

特に駅前の大通りの場合には、夜間になると改造車が暴走をしていたり、ぐっすりと寝ることが出来なかった事もあります。

大通りに面していて激安で宿泊することが出来る宿は、騒音面などで何かしらのデメリットのある事があります。

大通りに面している宿を宿泊するときには、しっかりと口コミなどをチェックしたうえで、不評が無ければ予約をするようにしてみましょう。

宿では、ゆっくりと過ごしたいものですが、騒がしい宿の場合はゆっくりと過ごすことが出来ませんね。

私は色々な宿泊予約サイトを利用するのですが、大通りの宿は出来るだけ避けるようにしています。

普段から騒がしい所に住んでいる人は、多少の騒音はいつもの事なので、慣れっこになっているかもしれませんが。

宿側に問い合わせをしても、本当は騒音があっても「家の宿は騒がしいです」とは、言わないですよね。

騒がしいと言ってしまうと、予約して貰えない事は確実なので・・・。

口コミなど参考にできるものはどんどんと参考にしながら、失敗しない宿選びをしていきましょう。

大通りに面しているからこそのデメリットもあります。