宿選びのポイント! > 失敗しない宿選び > 閑静な立地にあるホテルのデメリット

閑静な立地にあるホテルのデメリット

宿泊する宿は出来たら閑静な立地にあるところを選びたいものですが、閑静な場所にある宿には、メリットだけではなくデメリットもあります。

完成と言う事は静かな立地にあるという事で、周りにコンビニのない場合が多いです。

深夜に小腹がすいたときでも、直ぐに買いに行くことはできません。

ちょっとしたものを買いに行くのに、車を使っていくというのは、かなり面倒ですよね。

閑静な立地と言う事でリフレッシュ効果が得られるというのは、とても大きなメリットですね。

ゆっくりと休みたいと思っているのに、外が騒がしかったら何のリフレッシュ効果もありません。

閑静な立地にあるという事で、周りにはお店が無いことがあり、比較的リーズナブルな料金で宿泊することが出来るというのも、魅力的です。

ただ、あまりにも静かすぎて隣の部屋の話し声が、筒抜けになってしまっているという事もありました。

閑静な立地にある宿は当たり外れが大きいので、しっかりとリサーチしてから決めるようにしています。

静かすぎて隣の部屋の話し声が筒抜けになってしまったら、自分たちも話し声に関して気を使ってしまいます。

普段、賑やかな中で生活をしている人の場合は、あまり静かな宿だと逆に落ち着かないかもしれませんね。