宿選びのポイント! > 宿探し失敗談 > 逆に部屋が広すぎて失敗

逆に部屋が広すぎて失敗

宿選びをするときには部屋は少しでも広い方が良いですが、我が家の場合は逆に部屋が広すぎて、落ち着かなかったという事がありました。

せっかくの広い部屋もいつのまにか、部屋の隅に集まってしまう。

普段狭い家で過ごしている我が家は、広すぎる部屋は落ち着かないという事を発見しました。

家族で宿泊をしたので、広い部屋で料金も高くはなかったので、少しでもゆったりできると思って広い部屋に決めたのですが、落ちつかない事ってあるんだと思ってしまいました。

宿によっては部屋が広いとその分料金も高くなってしまうので、ワンランク上の広さの部屋を予約しないようにしなければいけません。

小さな子供がいれば広い部屋の方がある程度自由にさせてあげることが出来るので、その分メリットは大きいのかもしれませんが。

部屋が広すぎて色々な所に物を置いてしまった結果、忘れ物をしてしまいそうになったこともあります。

広い部屋はメリットだけではなくデメリットも多いので、どの様なメリットとデメリットがあるのかもしっかりと知ったうえで、予約をするようにしなくてはいけません。

広い部屋の方が確実に満足度が高い、という訳ではありません。

自分たちに合った部屋選びをしなくてはいけませんね。